デスケーラーを効果的に利用する方法

デスケーラーは工場などで利用する排水管の内部を洗浄するものですが、その種類には様々なものがあるため、用途に合わせて使用することが重要です。

デスケーラーについての総合情報ポータルサイトです。

中には金属を腐食してしまったり、プラスチック等を腐食してしまう性質を持っているものもあるため、その成分を十分に確認してから使用しないと配管を破損してしまう危険性もあるので注意が必要です。



排水管の内部の汚れのほとんどは、水垢による配管内部への汚れの付着です。



これはそのままにしておくと汚れがその部分に堆積し配管の内部を狭くしてしまうため、十分な水量が流れなくなり、冷却効率や洗浄後率に大きな影響を及ぼします。
そのため、これらを洗浄するためにデスケーラーを使用します。
一般的に水垢のみを除去するデスケーラーは水垢の主成分であるカルシウムを除去する性質を持っていますが、カルシウムはプラスチックや金属に強固に付着する性質があるため、プラスチックや金属の一部を溶かして汚れを落とすと言うタイプのものもあります。

しかしこのようなものは直接水垢が付着した部分を洗浄する際に利用されるため、工場の排水管のような内部が見えない部分に利用すると配管の内部を腐食してしまい、穴を開けてしまう危険性があるのです。

そのため、通常工場の排水管に使用する場合にはカルシウムのみを除去するデスケーラーを使用しますが、DIYショップなどでは同じように販売されいてることが多いため、誤って購入し使用してしまうことも少なくありません。
そのため工場の排水管に使用するデスケーラーを選ぶ場合には必ず成分を確認し金属やプラスチックを腐食する恐れがないことを確認してから購入することが重要です。